電子図書館と著作権

図書館で脳力をパワーUPするにはこれがおすすめ!(無料です)
↓↓↓

頭の回転が速くなる!集中力・判断力がみるみる上がる!
 
 
電子図書館は著作権法に妨げられて、
従来の図書館のように色々な時代の作品を提供することができない、
という批判もある。
 
電子図書館のコンテンツはパブリックドメインのものか自分自身で作成したものに限られる。
 
著作権法外の作品を電子化して一般に自由に配布するところもある。
 
商業的にコンテンツの権利を得て配布する電子図書館もあり、
著作権の使用料の支払いやコンテンツの複製配布をうまく管理できる。
 
電子図書館は、従来の図書館の環境を再現することはできない。
電子図書館とアクセスは、
安定したITインフラ(電力、コンピュータ、通信の接続など)に依存している。
 
電子図書館の維持コストは従来の図書館より低い。
図書館よりむしろ高くつくこともありうる。
 
電子図書館の情報は、数年ごとに最新のメディアに移行しなければならない
 
 
 
ついに公開!あのDVDを応募者全員にプレゼント!  
 
図書館へ行こう!図書館で脳力を鍛えよう!

電子図書館の利点とは?電子図書館には利点があります。

図書館で脳力をパワーUPするにはこれがおすすめ!(無料です)
↓↓↓

頭の回転が速くなる!集中力・判断力がみるみる上がる!
 
電子図書館の利点とは・・・ 
 
物理的な境界なし 利用者は、図書館へ現実に行く必要がない。
昼夜を問わず、情報を得ることができるのは、
電子図書館ならでは利点の一つである。
 
膨大な図書館ではのに対し、
電子図書館は潜在的に遥かに沢山の情報を保管することができる。
 
電子的な情報は、物理的なスペースをほとんど必要としないからである。
 
図書館に場所が足りなければ、電子的な拡張が唯一の解決策である。
電子図書館から別の電子図書館の資料へのリンクを提供するのが容易である。
 
低コスト 電子図書館の維持コストは、物理的な図書館に比べ、きわめて低い。
図書館では、メンテナンス、貸し出し業務、蔵書の追加に莫大な費用を要するが、
電子図書館はこれらを必要としない。
 
 
 
ついに公開!あのDVDを応募者全員にプレゼント!  
 
図書館へ行こう!図書館で脳力を鍛えよう!

電子図書館の特許 著作権は?

図書館で脳力をパワーUPするにはこれがおすすめ!(無料です)
↓↓↓

頭の回転が速くなる!集中力・判断力がみるみる上がる!
 
 
電子図書館には、旧来の図書館と違い、
インターネットでどこからでもいつでもアクセスできるという利点を生かして、
 
日本では青空文庫、アメリカではプロジェクト・グーテンベルクのように、
 
著作権が消滅したり、著者が著作権を放棄した文学作品やエッセイなどを収録、
無料公開しているところがある。
 
公開サイトのリンク集をインターネット上につくり、
それをインターネット上の日本文学のweb図書館というかたちで公開する場合もある。
 
特許電子図書館で著作権が?
 
特許電子図書館は本当にいいのか?
 
次回は電子図書館の利点について!!!
 
 
 
ついに公開!あのDVDを応募者全員にプレゼント!  
 
図書館へ行こう!図書館で脳力を鍛えよう!

特許?電子図書館とは?電子図書館の特許

図書館で脳力をパワーUPするにはこれがおすすめ!(無料です)
↓↓↓

頭の回転が速くなる!集中力・判断力がみるみる上がる!
 
 
特許電子図書館(でんしとしょかん、e-library)とは、
ウェブサイトによる図書館であります。

図書館や、インターネットから
蔵書の検索・予約などが出来るシステムが導入されている
図書館も「電子図書館」と呼ばれることがある。
 
 
 
ついに公開!あのDVDを応募者全員にプレゼント!  
 
図書館へ行こう!図書館で脳力を鍛えよう!

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。