図書館司書の資格条件 図書館司書になる

図書館で脳力をパワーUPするにはこれがおすすめ!(無料です)
↓↓↓

頭の回転が速くなる!集中力・判断力がみるみる上がる!
 
 
日本では、
あらゆる種別の図書館にわたって
図書館専門職として勤務することを保障するような、
司書の資格要件は存在しないそうです。
 
日本で「司書資格」と称されているものは、
公共図書館について規定する法律である図書館法による
司書となる資格(司書資格要件)」である。
 
 図書館法による司書と資格は、
第5条に規定されている。
高等学校卒業・中等教育学校卒業・高等専門学校第3学年修了者については、
単位を修得すれば司書補の資格が付与されるが、
3年以上司書補として勤務した者は司書講習を受講することができ、
単位を修得すれば司書の資格を得ることができる。
図書館法に基づく図書館であっても司書司書を置いていない図書館も少なくない
 
 
 
ついに公開!あのDVDを応募者全員にプレゼント!  
 
図書館へ行こう!図書館で脳力を鍛えよう!

図書館学での司書とは?図書館の司書

図書館で脳力をパワーUPするにはこれがおすすめ!(無料です)
↓↓↓

頭の回転が速くなる!集中力・判断力がみるみる上がる!
 
 
図書館学における司書とは、
 
図書館情報学の知識と技術を身に付け、
図書館に固有のサービスに従事する図書館の専門的職員を司書という。
 
この定義においては、図書館において施設管理や図書館
固有では専門的な者は司書には含まれない。

司書が行う具体的な業務には、図書館資料の選択を行ったり、
利用、例えば探索などに関して利用者の相談に応じたりすることである。
 
 
 
ついに公開!あのDVDを応募者全員にプレゼント!  
 
図書館へ行こう!図書館で脳力を鍛えよう!

図書館司書とは?図書館司書の役割

図書館で脳力をパワーUPするにはこれがおすすめ!(無料です)
↓↓↓

頭の回転が速くなる!集中力・判断力がみるみる上がる!
 
 
司書(ししょ)は、
図書館に置かれる専門的職員(専門職)のことです。
 
日本では、図書館法に規定された日本の法制度上の資格として
「司書となる資格」があり、
図書館法上の「司書」は図書館法にいう「図書館」(公共図書館)に勤務し、
資格を有する図書館専門職員を指します。
 
図書館法に根拠を持たないけれども公式に「司書」の肩書きを有する例として、
国立国会図書館の職員の職名にみられる「司書」があり、
また学校図書館・大学図書館・専門図書館図書館専門職員に
司書」の職名を与えている場合がある。
 
 
 
ついに公開!あのDVDを応募者全員にプレゼント!  
 
図書館へ行こう!図書館で脳力を鍛えよう!

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。