横浜市立図書館の対応 結論は?横浜市立図書館

図書館で脳力をパワーUPするにはこれがおすすめ!(無料です)
↓↓↓

頭の回転が速くなる!集中力・判断力がみるみる上がる!
 
横浜市立図書館について・・・
 
横浜市立図書館の対応 
 
図書館で著作権法30条と31条を併用して資料を複写できる考え方自体、
公的な図書館での複写と、暫定措置として複写を混同しているものといえ、
解釈・運用上破綻していると思われる。
 
著作権法を理由に複写を行えないことについて苦情を寄せる者に、
「使用者一人ひとりが著作権法の趣旨を理解し、自らの責任で複写をすること」を期待するのは、
困難と考えられる。
 
横浜市立図書館による複写サービスについては、
図書館側として南亮一氏が、出版社側として松本功氏が論考を出している。
 
 
 
横浜市立図書館HPはコチラ→横浜市立図書館
 
 
 
ついに公開!あのDVDを応募者全員にプレゼント!  
 
図書館へ行こう!図書館で脳力を鍛えよう!

横浜市立図書館のクレーム回答に対して

図書館で脳力をパワーUPするにはこれがおすすめ!(無料です)
↓↓↓頭の回転が速くなる!集中力・判断力がみるみる上がる!

 
 
横浜市立図書館について・・・ 
 
 
横浜市立図書館の回答に対して
市民から「前回回答では、コンビニ等でのコピーと比較していますが、
コンビニ等では、100パーセント持ち込み資料のコピーであり、
万一店内の本や雑誌をコピーしようとすれば、店員に止められるでしょう。
 
図書館のコピーはほぼ100パーセント館内資料のコピーなので、
一概にコンビニ等と同一視はできないと思います。」
横浜市民の「声」(図書館での違法コピー対策について答えてください・2006年4月11日公表))との疑問が出されたところ、
「著作権法第31条の制定当時に比べて、格段に複写機が普及し、
気軽に複写ができるようになった現在では、
私的使用のための利用が圧倒的に多くなったことや、
手続が煩わしい、持ち込み資料の複写はできないといった
苦情が多く寄せられていたことを受けての措置」であり、回答がなされている。
 
 
 横浜市立図書館HPはコチラ→横浜市立図書館
 
 
 
ついに公開!あのDVDを応募者全員にプレゼント!  
 
図書館へ行こう!図書館で脳力を鍛えよう!

横浜市立図書館 複写に対して横浜市立図書館は?

図書館で脳力をパワーUPするにはこれがおすすめ!(無料です)
↓↓↓

頭の回転が速くなる!集中力・判断力がみるみる上がる!
 
横浜市立図書館について・・・
 
横浜市立図書館は複写のクレーム・要望に負けて、
横浜市立図書館では、平成11年4月から、長年、横浜市立図書館で行ってきた
著作権法第31条による調査研究の用に供する複写はそのまま行いつつ、
著作権法第30条による私的使用のための複写も館内でできるように」した
横浜市民の「声」(図書館での違法コピー対策について答えてください・2006年3月22日公表))この運用により、「この複写機の設置により、持ち込み資料の複写も可能になるとともに、
資料の無断持ち出しや切り抜き等の不正利用から、
所蔵資料を守ることもできる」というメリットが生じると説明している。
 
横浜市立図書館HPはコチラ→横浜市立図書館
 
 
ついに公開!あのDVDを応募者全員にプレゼント!  
 
図書館へ行こう!図書館で脳力を鍛えよう!

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。