国立国会図書館の採用@国立国会図書館採用編

図書館採用で脳力をパワーUPするにはこれがおすすめ!(無料です)
↓↓↓

頭の回転が速くなる!集中力・判断力がみるみる上がる!


国立国会図書館採用(こくりつこっかいとしょかん)は、
国会議員の調査研究のための図書館採用であり、
納本制度に基づき、原則として出版物を収集・保存する
日本唯一の法定納本図書館採用であるようです。
国会に属する国の機関でありそうで、
国会の立法行為を補佐することを第一の目的とする。
国立図書館採用としての機能を兼ねて
各部門および国民に対するサービスをも行っているようです。



ついに公開!あのDVDを応募者全員にプレゼント!

図書館採用へ行こう!図書館採用で脳力を鍛えよう!

国立国会図書館の職員は・・・

図書館職員で脳力をパワーUPするにはこれがおすすめ!(無料です)
↓↓↓

頭の回転が速くなる!集中力・判断力がみるみる上がる!


国立国会図書館職員(こくりつこっかいとしょかん)は、
国会議員の調査研究のための図書館職員であり、
納本制度に基づき、原則として出版物を収集・保存する
日本唯一の法定納本図書館職員である。
国会に属する国の機関で、
国会の立法行為を補佐することを第一の目的とする。
国立図書館職員としての機能を兼ねて
各部門および国民に対するサービスをも行っている。



ついに公開!あのDVDを応募者全員にプレゼント!

図書館職員へ行こう!図書館職員で脳力を鍛えよう!

国立国会図書館の戦前は?

図書館で脳力をパワーUPするにはこれがおすすめ!(無料です)
↓↓↓

頭の回転が速くなる!集中力・判断力がみるみる上がる!
 
 
国立国会図書館は、衆議院図書館、貴族院図書館と、
文部省に付属していた3館を淵源としている。
図書館は創立は1872年にまで遡る。
このために国会法と国会図書館法(1947年4月30日公布)が制定され、
 
両院の図書館を合併させた国会図書館の設立が定められたが、
 
調査研究に足る国会図書館を設立させるには
その内容は不十分であるとみられた。
国会国立国会図書館法(1948年2月9日公布)を成立させた。
国立国会図書館は米国議会図書館 (Library of Congress) を
モデルとして、議会図書館であると同時に国立中央図書館の機能を
網羅的収集と整理を目的とした法定納本制度をもつことになった。
 
 
 
ついに公開!あのDVDを応募者全員にプレゼント!  
 
図書館へ行こう!図書館で脳力を鍛えよう!

国立国会図書館って?国立国会図書館で調べよう!

図書館で脳力をパワーUPするにはこれがおすすめ!(無料です)
↓↓↓

頭の回転が速くなる!集中力・判断力がみるみる上がる!
 
 
国立国会図書館(こくりつこっかいとしょかん)は、
国会議員の調査研究のための図書館であり、
納本制度に基づき、原則として出版物を収集・保存する
日本唯一の法定納本図書館である。
国会に属する国の機関で、
国会の立法行為を補佐することを第一の目的とする。
国立図書館としての機能を兼ねて
各部門および国民に対するサービスをも行っている。
 
 
 
ついに公開!あのDVDを応募者全員にプレゼント!  
 
図書館へ行こう!図書館で脳力を鍛えよう!

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。